冬の停電は

 室蘭・登別を中心とした冬の停電。
 本当にお見舞い申し上げます。
画像

 
 実家のある地域は、暴風の被害は受けなかったものの、冬に電力が無くなる恐ろしさは決して他人事ではありません。災害は冬でも関係無しにやってくるわけで、、、元気な人にも病気の人にも。

 今まで何も無かったのはただ運が良かっただけ。身近なところで言うと、ストーブはほとんど電気なしでは動かない式・・・電気が止まると、暖をとるものは一つもありません。昔は写真みたいなポータブル式のストーブが一台くらいはあったもんですが。
 
 まあ、せめて・・・電池で聞けるラジオくらいは用意しておきましょう。あと、カセットこんろかな。

 原発が停止中の北電から、冬の節電のお願いがCMで流れている今日この頃の出来事でした。

この記事へのコメント

セニョリータ
2012年11月30日 00:39
本当に電気が無いと大変だよね。私達の町は恵まれてる地域だよ。そのストーブ!やはり必要かも?
2012年11月30日 09:39
我が家には各所に反射式のストーブありますー。
シベリア事務所にもう一台欲しいっすー。
アメリカにはこんなのあるのかな??

帰国(出国?)までカウントダウンだべか~?
光陰矢のごとしだすねー。
eri
2012年12月01日 22:24
セニョさん
わたしたちの町はその分、たいへん雪に恵まれてるのかも~(笑)このようなストーブ買っても使わないし、難しいところだよね。
eri
2012年12月01日 22:31
ぷうさん
反射式!そういうのでしたね。いっぱいあるんなら停電でも大丈夫ですね。この機会にシベリアにもう1台!
アメリカにはどうなんでしょう…なさそう~。
光陰矢のごとし、もう1ヶ月で今年も終わりだすね。