年末のワシントンDC⑥

 最終日はナショナルギャラリーへ。
 建物が大きすぎて写真は入口のところだけ^^
画像

 収蔵品、建物ともに個人から国に寄贈されたことからはじまった美術館は、1941年当時世界最大の大理石建築だったのだそうです。中央に円形に並ぶ大きな黒い柱にポインセチアの赤がきれいでした。

画像


画像


 いつものごとくに、迷路のようになった展示室から出たいのに出られない。
 さまよえるワタクシ・・・
 メインフロアにある展示室は、地図によると93室。メインじゃないところは43室。
 一つの部屋に入ると、次の部屋に行く出入り口が二つ、次もつぎも・・・・迷路のようにつながっている。
 展示室の番号をもう少しだけ大きく表示してくれたら。。。すんなりと歩けるかも、毎度思うのであります。
  
画像

 メインフロアには13世紀~の絵画が、ダビンチやフェルメール(写真↑)をはじめ数々の作品が延々続きます。

 どれもこれもよく何百年もご無事で、という感じがいたします。紙に描かれているものはなおさらです。

画像
 


 そうそう、迷っているときに見つけました、アプリの案内・・・
 美術館のアプリというのがあるのをご存じでしょうか。作品がある場所や作品の解説を知ることができるしろものです。絵の下にある番号を入力すれば音声の解説も聞けるのですって。すごいですね。おまけにfree Wifi。
 

画像
  
 
 膨大なコレクションの中の傑作をピンポイントで見るか?
 それともいろんなものをたくさん見るのか?
 巨大美術館の贅沢な悩みです。
 
画像
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント