チャイナペインティング作品

 日本に帰ってすぐに再開できるかどうかわからないと思うと
 ついついがんばって、いくつもの作品を同時進行で描きました。
 
 描いた作品をご覧あれ~


画像

画像

 
画像

画像


画像


画像


画像


画像

 
画像

 
画像



 花瓶の底に穴をあけ、そこに電球を仕込んで描いた絵に中から光をあてるランプ。
 高さは30センチほど。焼くと絵の具が中に染み込んで表面はつるつる、今まで描いたことのなかった感覚で、色を重ねる加減が。。。今ひとつわからずで
 片面ずつ慎重に描いて、何回か焼き重ねたときに表面に小さな亀裂が入りました。
 材料自体の質が弱かったのだと思われます・・・
 まだまだ塗るつもりでいたのでちょっぴり残念でしたが、いろいろ勉強になりました。

 図柄のバックグラウンドで奥行を出したり、グラデーションをつけたり、むずかしいアメリカン。
 色の重なりで思わぬ良い色が出たり、影がうまく描けたり、、描きこみすぎることもあるけれど
 そんなところが何回やっても楽しめるところです。

 
  点灯~。 
 
画像

この記事へのコメント

セニョ
2015年03月23日 10:16
素敵だわ~~~!!帰国してまた続けられるといいね!
eri
2015年03月26日 06:55
ありがと~。ホント続けられるといいな。