テーマ:おでかけ

シカゴ美術館

 美術館も見納め。  シカゴのランドマーク。  建物の姿や中の様子がとても好きでした。  歴史を感じるところ、現代を感じるところ、    美術館から眺めるシカゴのスカイライン、  美術館に来ている人たち。     最初にアメリカの美術館を訪れたときの驚き、忘れません。  いくつもいくつも展示室が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シカゴ響

 4年前ムーティーさんを見るのにシカゴ響に出かけるも、倒れた際のケガでムーティーさん出演ならず。  おもえばそれ以来のシカゴ響とムーティーさん。  そのときもそうだった・・・2月最後の週末、お誕生月のイベント。  寒くて少しの雪がとけない、いまだ冬のシカゴ。  ニット帽と手袋がかかせない寒風のなか、おみ足が見えるドレスや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイムトラベル

シカゴのダウンタウン 高いビルに囲まれた19世紀の銀行家の大邸宅(手前の三階建)    現在は Richard H. Driehaus Museum になっております。  前から気になっていた建物だったのですが、少し暖かい日にようやく行ってきました。  中に入ると外の青空とビル群から一変、時代を一気にさかのぼったク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワシントンDCおまけ

 フィリップス・コレクション   1926年 ダンカン・フィリップスさんが創設した美術館。建物は当時の住居がもとになっている。  宿から歩いて10分少々、とっぷりと日も暮れた夕方訪れた。周りは大使館や年代ものの邸宅が並ぶ一角。  アメリカらしからぬ風情、小雨もまたよし。    昔からお屋敷にはこんなふうに名画がか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

年末のワシントンDC⑥

 最終日はナショナルギャラリーへ。  建物が大きすぎて写真は入口のところだけ^^  収蔵品、建物ともに個人から国に寄贈されたことからはじまった美術館は、1941年当時世界最大の大理石建築だったのだそうです。中央に円形に並ぶ大きな黒い柱にポインセチアの赤がきれいでした。  いつものごとくに、迷路のようになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末のワシントンDC⑤

 ラーメンはやっぱり熱いのがいい。  昼にラーメン店に向かいました。かなり昼は過ぎてる時間帯でしたが、25分待ち・・・。  順番が来たらメールで知らせてくれるんだって。     DAIKAYAさんという名のラーメン店、二階は居酒屋さん。異国なのに、なんてすばらしい組み合わせでしょう。       …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

年末のワシントンDC④

 12月27日 午後編     魅惑のジュエリー   植物・動物・化石などのコレクションを持つ国立自然史博物館の中に、ジュエリーのコレクションがある。   映画ナイトミュージアム2に出てくる博物館はここ。夜になると象が動き出しそうです。   館内は大入り満員。人に当たらないで進むのは不可能なくらい、子供に人気がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末のワシントンDC③

 12月27日は、ホワイトハウスからスタートすることにしました。      ホワイトハウスは思っていたより近くって、柵はあっても、広く敷地が見渡せる状態で開放的な感じをうけました。  けっこう柵は低目?? です。  観光客が写真撮影をたのしんでいるまわりには、不審な人間がいないか警察が目を光らせており、緊張感がただよってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末のワシントンDC②

 12月26日  昨晩はどんなところかわからなかったホテル周辺  古めかしい建物や  これはワシントン大統領の像  うつくしい街並み。。。  なのに、だれもかれも。。。  信号守らず(笑)  守っているのは観光客くらい。DCの人たちはせっかちなのでせうか。    移動は地下鉄で。  地下鉄の切符の販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末のワシントンDC

 去年のクリスマス休暇 ワシントンDCへ行っておりました。  早めに土井勝センセイ方式で黒豆を煮て・・・冷凍庫へ、スーパーへ行っておせちの材料やもちやらを買い込んで年越し準備。  クリスマスケーキは、イチゴショートをお店で調達。  25日昼、時間ぎりぎり空港のチャイニーズでやきそばをかきこんで飛行機に。  ワシントン・ダレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おのぼりNY③日目

 三日目は、旅行会社のバスツアーに参加しました。  日本人ガイド付きのNY一日観光です!  朝8時すぎ 指定のホテルに集合してバスに乗車、観光スポットをめぐりました。  だいたいは車窓からのながめ、そしてところどころで下車し、自由な時間があったりという具合です。  NY生活が長いと言っていた男性ガイドさん、名所の説明や、流行…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おのぼりNY②日目の続き

寒いと街の明かりもきれいにみえるのね。旅行中はとっても寒かった。  のらりくらりと書いています、まだ11月28日のことです(笑)  ロックフェラーセンターのツリーにも、まだ飾りはついていませんでした  街中どこもかしこもピカピカです。これも青色発光ダイオード発明のたまものですね。    夕食は、すし。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おのぼりNY②日目の続き

 メトロポリタン美術館  4時間くらいおりましたが、案内マップを見て振り返ってみれば、行ってない部屋がかなりあったり、行く前に見ようと思っていたのを見逃したり・・・  アメリカ、ヨーロッパ、アジア・・・エジプト、、絵画、彫刻、装飾・・・全部を見るのには通わないと無理そうです。  一番長くいたのはヨーロッパ装飾のコーナー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おのぼりNY②

 二日目  朝タイムズスクエアあたりからメトロポリタン美術館に向けて歩いて移動    行きしなにサラベスに寄って朝食をとりました  おのぼりさんには本当にありがたいスマホのナビ、住所を入れればおのぼりさんを導いてくれます。  ガイドブックによれば、朝食の女王と評された店だとか。  そんな人気の店・・・行ってみたらば、こじんま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おのぼりNY ①

 ごきげんよう、暦のうえではディセンバか~早いな~・・・とか思ってたら、テレビで流行語大賞がエレキテル連合のダメダメですと。エレキテルもダメも、年末にして初耳で、これが大賞でびっくりです(笑)  今年も残すところひと月足らず、寒さに負けずすごしましょ。  11月27日・サンクスギビングのお休みを利用して、ニューヨークに行ってきま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

富士の湧水

 忍野八海(おしのはっかい)は、富士山の伏流水に水源を発する湧水池  透明な水のなかに魚の姿を見ることができます。  夏の和菓子を連想します(笑)  富士山と茅葺屋根 こういう景色が見られます。    団体の観光客があまり来ない、少し離れたところの池は、透明度が高い気がします。  八海から離れ、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山へつづく道

富士山へ続く道 この金鳥居が俗世界との結界    観光ですか?と、どこからともなくガイドのおじさんがやってきて さっそくに金鳥居の説明をしてくださった。   晴れた日には鳥居越に富士山が見えるのだそう。  ふもとから山頂まで歩いて登れる吉田口登山道、この鳥居から頂上までは11時間10分。wow   山頂まである鳥居の第一番目だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落ち着く、コーヒー処

 喫茶と骨董のお店 「アンティーク茶房 里庵」  ここは行ってみたいと、めぼしをつけていた。  冬には車で上がれなさそうな、急な坂道を上ったところに建つお店  ん~素敵。  お店の中はこっくりとした茶色のテーブルと照明のなんともいえない輝きが  長居したくなる落ち着く雰囲気  窓からは木々の緑  マスターが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山に小さなヨーロッパ

9月最終週、きれいな富士山!    観光に連れて行ってくれたのは、6年前にシカゴでお会いした会社の奥様。  当時、お食事をご一緒したのが、確か一度か二度・・・  多分お互いさまに、当時の記憶はほとんどなかった(笑)  そしてお互いさまに、また山梨で再会するとは。  で、このたびもお世話になってしまって、ホント恐縮です。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山が見える日も、そうでない日も。。

山梨。6年ぶりの富士山。 あ~、やっぱり日本一だわ~、堂々とした美しい姿。 神のよう 9月の後半は、トレードマークの頂上の雪がなく全黒の富士山だ。 いつでも山が見えそうな思い込みがあるけれど 5日間の滞在のうちに富士山が見えたのは3日間。 外に出れば富士山の方角を眺めてみる日々でした。 ↓河口湖あたりか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道

 着いた日から数日寒い日が続いて、ストーブをつけた日も。  滞在中は終始、くしゃみと鼻水とのたたかい。  父の食事やら家の掃除やら  甥っ子もまた大きくなっていたり  墓参りにいったり。  やけに相撲中継を見たわ。日ハム中継も。  北海道秋の味覚、新米(haruちゃんちの)、じゃがいも、鮭、さんま、りんごなどなど楽しんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2回目の成田山

 9月17日。  飛行機の待ち時間にちょうどよい散策場所、成田山。  2度目だと少々感動は薄くなるけれど、参道の風情はとてもよい。   次来た時は「うなぎ」と決めていたけれど・・・昼すぎでおなかはすいていないし、  いつかは食べてみたい、餃子の王将もスルーしました。残念、残念。  ↓ 総門   ↓仁王門  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ研究

バラの写真を撮りに植物園へ お絵かきの足しになれば こんなバラや  あんなバラ そんなバラ 睡蓮も見頃 睡蓮は葉っぱも楽し ん~、ダリアも素敵 日本庭園もあったりする。 このようなところで、お茶を一服 羊羹とともに・・・ あったらいいな~。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランドティトン

最終日 イエローストーンもだいたいまわることができたので、飛行場に着いた時に見えていた美しい山、グランドティトン国立公園へ行くことにした。  この晴天に感謝。 大平原に連なる山々、一番高い山がグランドティトン 4197メートル! 吹く風と澄んだ空気と 高い空とこの山で、ものすごい開放感。 「シェーン、カムバ~ック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シカの湯?らしい

 マンモスホットスプリングス  流れ出る温泉の成分が棚田のような形をいくつも作り出しているところ。  美しい。  美の女神が・・・いそうな  潤いと美白・・・どちらが必要かしらん・・・などと聞かれるやもしれません。(笑)    まぶしい白さ!顔に塗ったら白くなるかも、美白の殿堂だわ!と妄想。  太陽が強すぎて・・・まぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車窓から

 イエローストーンのつづき    滝を見た後北上。  車窓からのながめもまた良し。      焼け焦げた木は98年の大規模な火災のあと。   草原は花畑。  ♪ド~はドーナツのド~ 映画に出てきそうな景色ぃ~      2500~3000㍍級の山々  ♪ド~は、 a deer, a female dee…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バイソンは見られなかったけど

 二日目の昼食は、バイソンとエルクのミートローフサンドウィッチ。  ご当地の味?っぽいメニューで旅の雰囲気を味わいたい。  特別に野趣あふれる・・・っといったわけではありませんでした(笑)    料理を注文してから出来上がるまで、しばら~く時間がかかったんです。  待っていられなかった後ろの席のグループは、お料理が来る前に飲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリズマティック

Excelsior Geyser Crater Grand Prismatic Spring 直径100㍍以上の大きさの温泉 オレンジの色はバクテリアだそうだ。 湧き出る温泉の成分が作り出した模様が広がっていました。 お湯は近くを流れる川に合流しています。 Opal Pool (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄がいっぱい

 暑中お見舞い申し上げます。こちらは・・・・陽射しは強いものの、涼しい風がそよと吹いています。  朝ドラ、レンコさん盛り上がってますね。    さて、イエローストーンのつづきを。  も~っと熱気と硫黄のかおりが風に乗ってきます。    こんなに湧いているのにね、お風呂がないのはもったいないことです。  温泉卵やら魚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イエローストーン地獄めぐり

 いよいよ本題。美しき地獄めぐり。  ガイザーカントリーとよばれる、間欠泉が集中しているエリア。モクモクと白い水蒸気があっちにも、こっちにも。  いったい地中深くはどんなことになっているのか、ん~心配になります。  オールドフェイスフルガイザー 高さ30m以上に熱水が噴出、ものすごく大勢の人たちがその瞬間を待ちます。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more