テーマ:お稽古

チャイナペインティング作品 ~これでおしまい~

 引っ越し荷物に入れるかどうか・・・このスカートはまだはけるのか?小さくなったからだめか(笑)  着たり、はいたり、鏡を見たり・・・脱線してしまいます。  まだ絵を描いていない白磁を箱から出して眺めていると・・・・(時間的に)もう一枚くらい描けるかな~と脱線し。  2回焼成でできあがれば間に合うかな~?  Mさんに焼いてもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナペインティング作品 ~追い込み~

 ランプで最後にしようと思っていたけれど、  予定より早くに終了してしまったので、すぐに出来そうな小物を描きました。      小さいものに描くのは楽し。¢10と比較するとこんな感じです。    これはお気に入りになりました。 ポーセリン・ペインティングの贈り物—プレゼントに最適の作品150余点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナペインティング作品

 日本に帰ってすぐに再開できるかどうかわからないと思うと  ついついがんばって、いくつもの作品を同時進行で描きました。    描いた作品をご覧あれ~        花瓶の底に穴をあけ、そこに電球を仕込んで描いた絵に中から光をあてるランプ。  高さは3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最終回

 ケーキ教室で作った最後のお菓子は「オペラ」。  シロップでしっとりのビスキュイに、コーヒー香るバタークリームこれが絶品、それにガナッシュ、、サンドサンドして最後にグラサージュで仕上げのお化粧。  ん~~~。美味。  お菓子の学校でも卒業試験になるようなケーキだそうな、オペラ。    いつもよりレシピを書いた紙の枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇のカップ&ソーサー

 取っ手が・・・取っ手が~   取っ手が・・・ちょっと危ない状態・・・それに気づいたのは金を塗ったときでした。   でも何とか大丈夫。   使えないけど(笑)      ふんわりしたピンクのバラ。     ↓こちらの絵の具の色の名は、ポンパドール。(ポーラ・コリンズのです)   夫人にちなんだネーミングと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの絵皿

 アンティークショップのサイトに載っていた、マイセン自然主義様式のバラをお手本に描きました。   なかなか難儀したところもありましたが、なんとか完成しました。  たまに離れてみる、写真にとって見てみる、お仲間に見てもらう。描いているときにアレ?と思ったときの方策です。違った角度から見るのに、スマホのカメラ重宝してます。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇のコーヒーセット

 チャイナペインティング、久しぶりの作品披露です。  昨年の秋頃描きはじめたコーヒーセットがそろってきました。  ポット、シュガー&クリーマー、お菓子をのせるプレート  カップ&ソーサーは今のところ2客が完成しています。  テーマは、「アメリカのアンティーク店にありそうな」です。  カップ&ソー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しみる~チョコレートクリーム。

くだものの缶詰、買ったことがあるといったら、みかん、パイン、桃が定番。 でも缶詰売り場には買ったことがない果物缶がある。 これもその一つ。さくらんぼ缶。  今月お菓子教室で習ったのは、この缶詰を使ったフォレノワールというケーキです。    さくらんぼは、チョコレートのクリームとココア風味のスポンジの間にたっぷりサンド。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

りんごのお菓子

 ほとんど、りんごです^^  久しぶりのお菓子教室  季節の果物リンゴをたっぷり使った焼き菓子。  表面に塗ったあんずジャムが、味のアクセントにもなっています。  しっかりとした見た目と違って、案外やわらか。今回のポインントは混ぜ方にあり。  アイスを添えて食べてもよいのだとか。  あ~、添える前に食べてしまいま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お宝風

しばらくぶりにチャイナペイントの作品です。 どこぞのお宝では!? そのように見えたら楽しいですね。 エッグの(磁器製)全体の大きさは高さ14センチほどです。 つかむところがないので、描くのはなかなか苦戦いたしました。  そして、小さい物シリーズ。  すみれのボックス  カエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リスのプレート

 くるみの木に2匹のリスが忙しそうにしている図  Marjolein Bastin のカレンダーから 8月の絵をかきました。(27×27cm)    ホンモノはこちら    最近 黒毛ちゃんがいます!    ちょっと見かけた芸能ニュース 薬物じゃないですよ。  日本の有名なK姉妹 「普段はジャージ姿」の記事に抗議っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ

 昨年の夏ごろ描いていたバラ  これは、たくさん描いて練習だわ。  そう思って描いたバラの作品いろいろ   花びらの陰影が・・・描いているうちにどっちがどっちかわからなくなったり  あら、気がついたら・・・いつも花の向きが一緒!!  最初に目指していたのと違っていたり  そうかと思えば偶然に思うとおりになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピスタチオのムース

 12月 教室で習った、ピスタチオのムースのケーキ  生地にも、ムースにもピスタチオのペーストがつかわれています。    ピスタチオといったら、ビールのおつまみのあの緑のナッツ。  そのピスタチオのペースト・・・をお菓子に使うとはね、知らなんだわ。  (あら、クックパッドにもレシピがたくさんあるわ)    ピスタチオは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマス オーナメント

 雪景色の教会  ヒイラギ  マリアとヨセフ  ヨセフのひげは黒すぎたかしら・・・。  オーナメントといえば、サンタさんかヒイラギか、スノーマンと思っていましたが・・・ここはクリスマスが祝日の地、モチーフは聖書からのものがあります。先生がお持ちの作品の資料には、ほかに三人の賢者というのもありました。(我が家のカレンダーの絵、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

San Do さんの作品

 San Doさんがお描きになったポピーのプレート。。。。  San Do さん。アメリカ在住の有名なチャイナペインターのおひとりです。    いや~、めぐり合わせといいますか、モノも出会いですね~。  つい数週間前、教室の先生のお知り合いの方が、ご自分の使わなくなったチャイナペインティングの道具や作品を譲っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫マグ

 蝉しぐれです。  2、3匹なのですが、いるのが近いんでしょうね。音が大きい。  なぜに涼しくなる夕方あたりから、彼らはがんばるのでしょうか?  北海道人は、蝉に慣れておりませんのよ。キ~!  さて、  絵付け。  自分のなかの「薔薇まつり」の合間に、猫の絵のマグをでかしました。  何回も描いては消し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガトー・バスク

 今月習ったお菓子  ガトー・バスク  クッキー生地の中にカスタードクリームが入っております。  はじめて食べました、こういうふうに作るのね~。は~ん、でした。  さくさくした外側がおいしい  旬のチェリーのシロップ漬けがアクセント  チェリーもこうすると、おとなの味になるんですね。  アメリカのは大粒で肉厚です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薔薇のプレート

  ただ今、薔薇ブーム   Jean Sadlerの本を参考に描きました。 少し離して見ると、薔薇?らしく見える!見える、見える。  中心花より、端の方の葉っぱが上手くいってたりする(^^;)     ティーバッグホルダー ブルーベリーとすみれ  
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デイジーのプレート

 Jean Sadlerさんの本を参考にしました。   ひさしぶりの絵付け。    しばらくダンボールの中に眠っていた道具復活。  また始める時が来たら、コレを描こうと決めていたデイジーです。   バックグラウンドの自然な感じが・・・むずかしいところでした。  大きく筆を動かして描く・・・。あ~習い始めたころにも言わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シュー アラ クレーム

 Chou à la crèam ちょっと大きくしすぎたわ。  今月教えていただきました、シュークリームです。  シュー生地の上にクッキーたねのようなのを乗せて焼くと、お店のようなゴツゴツした出来上がりになりました。  二人分で12個+αのタネは、6個ずつでも足りなくなるほど景気良く絞ってしまって、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キャラメルムースのケーキ

 冷え込んでます。さっび~です。。。  昨日はその前に降った雨が凍って、車全体が「りんご飴」みたいに氷で覆われ、車の窓を開けると、もう一枚の・・・氷!見事な氷のガラスができていました   しっかり甘いケーキが食べたくて、教室で習ったレシピをめくる。  いや~ここで反省、レシピにケーキ断面の写真を添付す…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デトックス?

 マラソンが終わって数日。内くるぶしの腫れも、昨年に比べるとダメージが少なかったとみえて、すこぶる早い回復。あっというまに普通に靴がはけるようになった。  一回痛くすると丈夫になったのか?もしくは負担が少ない走り方になったのか?  早い回復を予想して、マラソン4日後10月のお菓子教室でモンブラン作りに励む。大きく丸い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フリーモーションキルト 完!&錦秋の甘味 

  キルト出来上がりました!  ようやく出来ましたので披露。  春、縁かがりを中途にしたまま出かけてしまっていたので、ひっぱりだして続きの作業を。  縁かがりは唯一の手縫い部分、うらと表でやっぱり時間かかりました。  出来上がってみると色の組み合わせが上手くいった気がします。  縁をくるんだ布はボーダーのとは違うのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝石箱や!今月のケーキ

 きれい  涼しげなゼリーで飾るヨーグルトムースのケーキ。中にはブルーベリーのジュレが1層入っています。  さわやかな夏のケーキ。  ところで↓ このケーキケース    なんと1$。    あなどれないぞ、1$ショップ!   
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マカロン

 今月のお菓子教室はマカロン。    マカロンは買うお菓子だと思っていましたら、出来るのね。  っていうか、日本ではお値段が立派だし、それならケーキだよ。くらいなもんだから、数えるくらいしか食べたことなし(笑)  似たような?ダックワーズはよく食べたよ。      作ったのはガナッシュ、レモン、抹茶、ラズベリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

レモンタルト。

 今月のケーキ教室  食べたことの無いお菓子にあえて挑戦。   なんと レモンクリームに2個分のレモン果汁。  ↑字を打っただけで、唾液が分泌(笑)  メレンゲはイタリアンメレンゲと申します。熱々のシロップと卵白を泡立てます、卵白に熱なんて・・・ゆで卵の白身を連想してしまうんですけど、むちむちの力強いメレンゲに仕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ふたたびチョコレート

 ツヤツヤに仕上がって、満足でした。  オーストリア ウィーンの伝統菓子「ザッハ・トルテ」をおしえていただきました。  1832年、オーストリアの政治家メッテルニヒのおかかえ料理人、フランツ・ザッハ(当時16才)が考案したお菓子です。作るべき料理人が病気だったために、若いザッハにお役が巡ってきたとか。(諸説あるそうです。)  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

抹茶ムース

 今月のケーキ教室は、抹茶ムースのケーキ  デコはちょっとセンスありませんが^^; 味は絶品。  中は、ココアを混ぜ込んだスポンジにチョコクリームと栗をサンド、上の層には抹茶ムース。  表面はゼリーでコーティングしました。    香り高い抹茶のムースに濃厚なチョコレートクリームがぴったり。    一つ一つの作業の組…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あみこみパン

 今月のパン教室は、三つ編みにして焼く、あみこみパン。  焼き上がると直径20センチ、アイシングが懐かしい味。     1456キロカロリー。おいしいものはカロリー高い。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more